FC2ブログ
プロフィール

エージェントウルトラ

Author:エージェントウルトラ
気になるNEWSを紹介。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

エボラ出血熱が流行しているコンゴ民主共和国で、エボラによる死者数が200人を超えた。同国保健省が10日、発表した。

2018/11/12 08:06:16 | エボラウィルス | コメント:0件

同省によると、今年8月の流行開始以降、死者は201人、感染が確認された症例は291件に達した。約半数は北キブ(North Kivu)州のベニ(Beni)で確認されたという。 国連(UN)の平和維持活動局(DPKO)は9日、北キブ州で活動する武装集団らに対し、エボラ対策への取り組みを阻害しないよう求めた。 コンゴのオリ・イルンガ(Oly Ilunga)保健相も9日、緊急対応チームは武装集団から脅しや暴力を受けたり、装備を壊されたり、拉致...続きを読む
スポンサーサイト

エボラ出血熱

2018/05/09 07:15:23 | エボラウィルス | コメント:0件

エボラウイルスは大きさが80 - 800 nmの細長いRNAウイルスであり、ひも状、U字型、ぜんまい型など形は決まっておらず多種多様である。初めてこのウイルスが発見されたのは1976年6月。スーダン(現:南スーダン)のヌザラ (Nzara) という町で、倉庫番を仕事にしている男性が急に39度の高熱と頭や腹部の痛みを感じて入院、その後消化器や鼻から激しく出血して死亡した。その後、その男性の近くにいた2人も同様に発症して、それを発端...続きを読む

エボラ出血熱、最初の感染源は木のほらに住むコウモリか

2018/05/09 07:12:13 | エボラウィルス | コメント:0件

世界最大のエボラ出血熱感染の発生源は、ギニアの辺境にある村の木のほらに住む食虫性のコウモリである可能性が30日、欧州分子生物学機構(EMBO)の科学誌「EMBO Molecular Medicine」に発表された。 7800人を超える人々の死の元凶として疑惑の目が向けられたのは、食虫性のオヒキコウモリ。ドイツ国立ロベルト・コッホ研究所(Robert Koch Institute、RKI)のファビアン・レーンデルツ(Fabian Leendertz)氏率いる研究チームは、...続きを読む

エボラ発生で17人死亡 コンゴ民主共和国

2018/05/09 07:10:49 | エボラウィルス | コメント:0件

【AFP=時事】コンゴ民主共和国(旧ザイール)の保健省は8日、同国北西部でエボラ出血熱が新たに発生し、17人が死亡したと発表した。同省は「国際的な影響を伴う公衆衛生上の緊急事態」だと述べている。 保健省は、5月3日付の通知の内容として、赤道州でこれまでに「出血兆候を伴う発熱の症例が21件、死者17人」が報告されたことを明らかにした。 コンゴ民主共和国でエボラ出血熱の発生が確認されたのは9回目。エボラウイルスは1...続きを読む