FC2ブログ
プロフィール

エージェントウルトラ

Author:エージェントウルトラ
気になるNEWSを紹介。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

「トランプ家」総出で活動展開

2018/11/07 07:59:24 | 海外ニュース | コメント:0件

201807200704472f8.jpeg


中間選の共和党勝利を今後の施策推進と20年再選の弾みとしたいトランプ氏は、選挙最終盤に自身の選挙並みの過密日程を組み支持層のテコ入れを図った。選挙戦最終日の5日はオハイオ、インディアナ、ミズーリの中西部3州を大統領専用機で飛び回り集会を開催。好調な国内経済を実績としてアピールし、知事選や上院選候補への投票を呼びかけた。ワシントン帰着が6日未明となる強行スケジュールだった。

 「彼女が会場にいる。壇上に呼んだ方がいいかい」。この日1カ所目の集会となったオハイオ州での演説途中、トランプ氏が登壇を求めたのは長女のイバンカ補佐官だった。イバンカ氏が「父は『忘れられた人々』のために戦っている」と訴えると支持者から大歓声が上がった。イバンカ氏は今月2~3日には中西部アイオワ州で知事選候補の集会に参加するなど、中間選で父親の援護役を果たしてきた。

 トランプ家で最も精力的に動いたのは長男ジュニア氏だ。5月以降、共和党候補の応援のため60回超の演説や集会をこなし、最終日の5日は5州で6会場を回った。またトランプ氏の集会では毎回、次男エリック氏の妻で元ニュースキャスターのララ・トランプ氏が大統領の「今週の功績」をリポートする映像が放映されている。

 信頼できる家族を表舞台に立たせ、共に活動するのは、16年大統領選からのトランプ氏のスタイルだ。候補者陣営からは、候補本人から注目を奪ってしまうトランプ氏よりも、「大統領のお墨付き」を印象付けながらも候補を引き立たせ、失言の少ない家族の選挙区入りを求められることも多いという。一方で、トランプ政権内で最も国民の支持率が高いとされる妻のメラニア氏は中間選関連の行事には一切参加しなかった。
















関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する